【10月12日】とくしま高機能素材活用促進フォーラム

主催:徳島県、(公財)とくしま産業振興機構、とくしま高機能素材活用コンソーシアム

CNF(セルロースナノファイバー)は、鋼鉄の5分の1の軽さでありながら、5倍以上の強度を持つ、植物資源が原料であるため環境負荷が少ない、チキソ性がある等、様々な性質をもつため、補強用繊維、増粘剤等に応用できる素材として大変注目されています。
本フォーラムでは、CNFの社会実装化への取り組み、京都プロセス®によるCNF強化プラスチックの応用展開事例、環境省のCNF政策・G20の結果とバイオプラスチック等、最新の情報を徳島から発信します。CNFに関心がある、新たな事業展開に活用したい等の意向をお持ちの企業からの参加をお待ちしております。

プログラム

【座 長】徳島大学准教授 中垣内アントニオ徳雄 氏

  • 10:05~10:45

    【演 題】「社会実装に向けて、ティッピィングポイントを迎えた環境新素材ナノセルロース」

    【講 師】
    (地独)京都市産業技術研究所
    「新素材-CNFナショナル・プラットフォーム事業」コーディネーター
    「部素材産業-CNF研究会」プロジェクトマネージャー 濵 義紹 氏

    [プロフィール]

    2007年阿波製紙(株)取締役常務執行役員。2015年リエゾンサポート開設。(公職)特定非営利活動法人機能紙研究会副会長。四国地域イノベーション創出協議会IC。高機能素材(CNF、炭素繊維)活用産業創出・支援事業プロジェクトマネージャー。

  • 10:45~11:25

    【演 題】「京都におけるCNF強化プラスチックの開発」

    【講 師】(地独)京都市産業技術研究所高分子系チーム チームリーダー 仙波 健 氏

    [プロフィール]

    2007年京都工芸繊維大学にてポリマーブレンドの研究で博士号取得。2003年頃より京都大学生存圏研究所・矢野教授の指導を受けCNF/プラスチック複合材料の開発に従事し、現在に至る。

  • 11:25~12:05

    【演 題】「セルロースナノファイバー(CNF)の今後の可能性と地域循環共生圏」

    【講 師】環境省地球環境局地球温暖化対策課 課長補佐 井上 有希子 氏

    [プロフィール]

    2008年環境省入省自然環境行政、産業廃棄物行政等を担当。2014年~2016年清華大学(中国)環境学院留学。2018年環境省若手政策提言を発表(代表)

お問い合せ・申込先

徳島県商工労働観光部新未来産業課ものづくり産業担当
TEL:088-621-2157 FAX:088-621-2897
E-mail:shinmiraisangyouka@pref.tokushima.jp

日時/1012日(土)10:00~12:15(受付9:30~)

会場/2F ブライダルコアときわホール

定員/140名(当日来場可。ただし、事前申込の方を優先)