【10月12日】知的財産権活用促進セミナー

主催:徳島県、(一社)徳島県発明協会
共催:日本弁理士会

日本弁理士会と徳島県との「知的財産の活用による地域の活性化と産業の振興のための協力に関する協定」の趣旨に基づく、「知的財産権活用促進セミナー」を開催します。
多くの方のご参加をお待ちしております。

【演 題】商標としてどんなものが登録できる?その効果や費用はどうだろうか?
~例えば、地域ブランドを地域団体商標やGIとして守っていくことについて~

【講 師】萩森特許・商標事務所 萩森 学(ハギモリ マナブ)弁理士

[プロフィール]

兵庫県篠山市出身。JTおよび農研機構で長年農業研究に従事。平成26年篠山市にて萩森特許・商標事務所開設。地域の弁理士として知的財産全般を扱う。農学博士、農水省産学官連携コーディネーター、日本弁理士会農林水産知財対応委員会委員

タイムスケジュール

  • 13:30 受付開始
  • 14:00~15:40 講演
  • 15:40~16:00 とくしま知的財産権活用促進ネットワーク紹介・徳島県知財総合支援窓口紹介

日時/1012日(金)14:00~16:00

会場/2F 第4会議室

定員/参加費無料(当日来場可)

お問い合せ

一般社団法人徳島県発明協会
TEL:088-669-0066